商品名2

壁掛け完全分解では外せる部品は全て外して分解をします。モーターや
電子基板は完全に取り去りますので水に濡れるということはございません。壁に唯一残るのはアルミの熱交換器のみとなります。

このように分解をすることによって普通のエアコンクリーニングでは洗浄できなかった部分も洗浄をすることができるようになります。 熱交換器洗浄も水に濡れる部品も付いていませんのでたっぷりの洗剤 や水を使っての作業が可能になります。特によく汚れているドレンパン ファンは取り外して洗浄をするのと外さないで洗浄をするのとでは仕上がりが全然比較にならないほどきれいに仕上がります。

普通一般的に行われているエアコンクリーニングではエアコン全体の約 40%以上の洗い残しが見受けられます。一番多いのがドレンパンです。 ドレンパンは熱交換器から出た結露を受け止めて外に水を流す役目を している部品ですので冷房時はいつも水分がありカビやスライムが発生 しやすい状況になっております。吹き出し口ケース壁側にもドレンがあります。この部分は普通のエアコンクリーニングでは見ることも触れることもない部分ですので汚れが残っています。

次にファンです。ファンの表側をきれいにしてもファンの羽部分の裏側にカビや汚れが残っています。完全分解クリーニングは一つ一つの部品を手に取り表側、裏側を丁寧に洗浄をすることができます。 見た目にエアコンをきれいにするのも重要ですが、当社は普段見えない部分もきれいにすることが重要だと考えております。

完全分解クリーニング

下の画像はドレンパンと吹き出し口が一体になっておりますケースです。ダイキン・富士通・東芝の製品がこのような形状になっております。シャープの製品に一部このようなエアコンもございます。普通のエアコンクリーニングでは壁側のドレンパン、前側のドレンパンは洗浄が出来ません。完全分解ならすべての部分が洗浄できます。

エアコン完全分解クリーニング

ファンも単体で取り外し羽の裏側のカビ汚れを完全に除去するのに洗剤に漬け込んで前処理を施してからエコ洗剤で高圧洗浄を行います。仕上がりには自信があります。

吹き出し口ケースとファン洗浄後です。殆どの業者が行っている簡易クリーニングとは格段に仕上がりが違います。汚れを残しません。

完全分解では壁に熱交換器だけがかかっている状態です。水に濡れては困るものは一切ありません。簡易クリーニングと違って前側・後ろ側・裏側を徹底的に洗浄することができます。ドレンホースの中も高圧洗浄をします。

洗浄前の嫌な臭いもなくなりました。最後に防カビコートを行います。

エアコンクリーニング施工時のお願い

クリーニング当日までにエアコンの下にあるテレビ、家具等がない状態にして頂けましたら幸いです。

作業時に高圧洗浄機等を使用いたしますので100Vコンセントを使用させて頂きます。

分解をした部品等を洗浄する場所の確保のお願い。(例)ベランダ、お風呂場等。水道水を使用させて頂きます。

作業前と作業後のお立合いをお願いいたします。

車でのお伺いになりますので駐車場の確保をお願い致します。なければコインPを利用させて頂きます。その際、誠に申し訳ございませんがお客様ご負担になります。

壁掛け完全分解クリーニングをご希望されても分解時に完全分解クリーニングが出来ない場合がございます。主にエアコン内部の配管状況で吹き出し口ケースが外せない事があります。その場合準完全分解クリーニングとなります。

完全分解クリーニングの作業時間・洗浄後のメンテナンス

この様に洗浄をすることで内部は新品に近い状態に戻すことができます。洗浄後は日々のフィルター掃除が重要になってきます。フィルター自動掃除エアコンといえどもエアコン全体を掃除しているわけではございません。フィルターをロボットユニットを使って掃除をしているのですが、設置場所によっては全然フィルターを掃除ができていないエアコンもあります。特にキッチンに近くにエアコンを設置している場合や寝室のホコリの多い場所等、ロボットにはかなりの負担がかかっているように思えます。夏場等はノーマルエアコン、フィルター自動掃除エアコン問わず最低一か月に一回位フィルターを外して掃除するのがベストです。フィルター自動掃除エアコンの完全分解洗浄をご依頼頂く場合、時間に余裕を持って頂ければ幸いです。ノーマルエアコンで約2時間から3時間、フィルター自動掃除エアコンで3時間から5時間が目安です。

スタンダードエアコン17600円(税込) フィルター自動掃除エアコン26400円(税込)

2台目以降1000円引きになります

室外機分解クリーニング4000円(税込)

クレジットカードご利用できます。 他のメーカーもご相談下さい。

エアコンを止める前に・・ワンポイントアドバイス

冷房運転中は熱交換器等が結露で濡れています。この様な状態でエアコンをオフにすると濡れた状態のままで乾燥するのに時間がかかります。次にエアコンを運転するときの嫌な臭いやカビ原因にもなります。そこで運転を止める前にリモコンで温度設定を一番高いところまでセットして下さい。室外機のの運転が止まり、室内機は送風運転にになります。風量を最大に上げれるのであれば最大にして下さい。機種によっては風量が上がらない場合もありますが、この状態で10分から20分くらい運転をしてエアコンを止めてください。これで室内機の濡れていた部分が乾燥してカビ等の予防ができます。リモコンに内部洗浄というものがありますが、この機能も正しく使えばカビ等予防に効果的です。

冷えが悪い・・ひょっとするとガス漏れかも。ガスチャージお任せください。

エアコンの冷房が効かない原因は色々とあるのですが、冷媒ガス不足によっても冷房、暖房の効きも悪くなります。

ガス不足の原因として下記のようなことが考えられます。

引っ越し等によるエアコン移設時のガス抜け。

エアコン取付時の施工不良。

冷媒配管の亀裂よるガス漏れ。

配管接合部のフレア部分の損傷及び緩み等があると思います。

この様な場合、ガス再充填又は補充が必要になってきます。ガスを入れる前に機器を使用して漏れの箇所を特定する必要があります。

この作業をしないでガスを入れてもまたすぐにガスが抜けてしまいます。

エアコンガスチャージ料金 14000円(税込)

お問い合わせ